社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 1998年に和歌山市の夏祭り会場で4人が死亡、63人が急性ヒ素中毒になった毒物カレー事件は25日で23年となった。凄惨な事件のことを、決して忘れない-。高校2年だった長女が健康被害に遭った杉谷安生さん(74)は会場の跡地を訪れ、献花した。犠牲となった子どもたちが通った学校では命の尊さを伝える取り組みが続く。

 鳥居幸さん=当時(16)=が通った私立開智中・高(和歌山市)の図書館の一角に「みゆき文庫」がある。幸さんの母親が「学校の図書館は娘が大好きだった」と図書券を寄贈し、小説など約550冊が並ぶ。司書の女性(34)は「本を手に幸さんに思いをはせて」と語る。

社会の最新
もっと見る
 

天気(9月24日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ