スポーツ

  • 印刷
 体操の跳馬予選に出場した46歳のオクサナ・チュソビチナ=25日、有明体操競技場(ロイター=共同)
拡大
 体操の跳馬予選に出場した46歳のオクサナ・チュソビチナ=25日、有明体操競技場(ロイター=共同)
 跳馬の演技を終え、感慨深げなオクサナ・チュソビチナ=25日、有明体操競技場(ロイター=共同)
拡大
 跳馬の演技を終え、感慨深げなオクサナ・チュソビチナ=25日、有明体操競技場(ロイター=共同)

 1992年バルセロナ五輪女子金メダリストでチュソビチナ(ウズベキスタン)が競技人生に別れを告げた。体操で最多8度目の出場を果たし、予選の跳馬で自身の名が付いた大技を成功。決勝に進めなかったが「五輪へのエネルギーは使い切った」と晴れやかな表情で語った。

 フロアから去る際には各国の選手やコーチから拍手でたたえられ「うれしさと寂しさがある」と瞳を潤ませた。今後については「サウナでゆっくり疲れを取った後、考えさせてほしい」と笑いを誘った。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月24日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ