スポーツ

  • 印刷
 共同通信社杯プレミアムカップで優勝し、トロフィーを手にポーズをとる永井大介=飯塚オートレース場
拡大
 共同通信社杯プレミアムカップで優勝し、トロフィーを手にポーズをとる永井大介=飯塚オートレース場

 オートレースの共同通信社杯プレミアムカップ(特別G1)最終日は25日、福岡県の飯塚オートレース場で優勝戦(4100メートル、8周)が行われ、永井大介(川口)が2分18秒9(上がり3秒388)で7大会ぶり9度目の優勝を飾り、賞金600万円を獲得した。

 伊藤信夫(浜松)が好スタートから快調に逃げた。永井は冷静なハンドルさばきで着実に追い上げ、7周目の3コーナーで鮮やかなまくりを決めて伊藤を抜き、そのまま押し切った。3着は荒尾聡(飯塚)だった。

 払戻金は連単が(7)-(1)で8840円、3連単が(7)-(1)-(2)で4万1520円。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ