社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 医師の資格がないのに、勤務先だった介護施設で入所者を問診し、新型コロナウイルスワクチン接種の可否を判断するなどの医療行為をしたとして、愛知県警は26日、医師法違反(無資格医業)の疑いで、水戸市の無職月舘静恵容疑者(70)=有印公文書偽造・同行使罪で起訴=を再逮捕した。

 県警によると、月舘容疑者の判断に基づき、施設の看護師がワクチン接種を行った。入所者の健康被害は確認されていない。

 再逮捕容疑は5月26日~6月23日、施設長を務めていた茨城県内の介護老人保健施設で、自身を医師と偽った上で、医療行為をした疑い。

社会の最新
もっと見る
 

天気(9月28日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ