スポーツ

  • 印刷
 混合ダブルスで優勝し、田勢邦史コーチ(中央)と抱き合って喜ぶ水谷隼(右)、伊藤美誠組。日本卓球界初の金メダルとなった=東京体育館
拡大
 混合ダブルスで優勝し、田勢邦史コーチ(中央)と抱き合って喜ぶ水谷隼(右)、伊藤美誠組。日本卓球界初の金メダルとなった=東京体育館

 卓球の混合ダブルスの決勝で、第2シードの水谷隼(木下グループ)伊藤美誠(スターツ)組が第1シードの許キン、劉詩ブン組(中国)を4-3で下し、日本卓球界初の金メダルに輝いた。3位決定戦は林イン儒、鄭怡静組(台湾)がフランスのペアを4-0で下して銅メダルを獲得した。

 シングルス3回戦で、男子の第3シード張本智和(木下グループ)は林兆恒(香港)を4-1で、女子の第5シード石川佳純(全農)はオラワン(タイ)を4-2でそれぞれ退け、ともに4回戦に進んだ。

 水谷隼の話 中国に今まで負けてきた。五輪で全てをリベンジできた。第3ゲーム目を取れたことで流れが変わった。

 伊藤美誠の話 すごくうれしい。たくさんの人が応援してくれて、最後まで諦めずにできた。楽しく終われた。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ