国際

  • 印刷
 27日、米ワシントンの議会公聴会で証言する黒人警官ダン氏(AP=共同)
拡大
 27日、米ワシントンの議会公聴会で証言する黒人警官ダン氏(AP=共同)

 【ワシントン共同】「銃を奪われ射殺されると思った」「暴徒に押しつぶされ、このまま死ぬと思った」。トランプ前米大統領(共和党)の支持者らによる1月の議会襲撃を調査する下院特別委員会の公聴会で27日、議事堂の警備に当たっていた警官4人が当時の様子を生々しく証言し、責任の徹底追及を求めた。

 首都ワシントン警察のファノン氏は委員会室の机をたたき、襲撃の矮小化を図る一部共和党議員らへの怒りをあらわにした。

 トランプ氏や同氏に近い共和党議員らは来年11月の中間選挙に向け岩盤支持層の求心力を高めるため、乱入した支持者らは「平和的だった」と擁護する発言を繰り返している。

国際の最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 26℃
  • 20℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ