生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷

 JR西日本近畿統括本部は28日、新型コロナ感染拡大で利用者が大幅に減少しているとして、京阪神を中心に管内路線の昼間で10月2日から平日36本、土曜・休日60本を減便すると発表した。大幅なダイヤ改正は春が通例で秋の実施は2006年以来15年ぶり。来春も全線全時間帯を対象に見直す。

 コロナ禍の影響で利用者が減ったか、以前から少なかった区間や乗車率が2割程度にとどまっている区間が対象で、全体の運行本数の1%程度。東海道線京都-高槻間の午前10時~午後1時台と3時台の普通電車16本、山陽線須磨-西明石間の午前10、11時台の普通電車8本は土曜・休日のみ減便する。

生活の最新
もっと見る
 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • 22℃
  • 50%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ