スポーツ

  • 印刷
 女子団体総合決勝 跳馬で着地が乱れるシモーン・バイルス=有明体操競技場
拡大
 女子団体総合決勝 跳馬で着地が乱れるシモーン・バイルス=有明体操競技場
 女子団体総合決勝で会場内を移動するシモーン・バイルス=有明体操競技場
拡大
 女子団体総合決勝で会場内を移動するシモーン・バイルス=有明体操競技場

 米国体操協会は28日、2016年リオデジャネイロ五輪女子4冠のシモーン・バイルスが29日の個人総合決勝を棄権すると発表した。同協会は「精神面の問題に対処するため」としている。バイルスは予選を1位通過したが、27日の団体総合決勝の2種目目から「精神的ストレス」を理由に演技しなかった。

 団体総合決勝で最初の跳馬を演技した後、残り3種目の出場を取りやめた。試合後に1年延期や無観客を遠因に挙げ「以前のように自分を信じられない」などと語り、涙を浮かべる場面もあった。

 個人総合で1964年東京、68年メキシコのチャスラフスカ以来の2連覇が有力視されていた。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月24日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ