国際

  • 印刷
 フランス領ポリネシアのタヒチ島で演説するマクロン大統領=27日(AP=共同)
拡大
 フランス領ポリネシアのタヒチ島で演説するマクロン大統領=27日(AP=共同)

 【パリ共同】フランスのマクロン大統領は、訪問先の同国領ポリネシアのタヒチ島パペーテで27日演説し「(フランスの核実験場となった)ポリネシアにフランス国民は負債がある」と述べ、健康被害などへの責任を改めて認めた。補償制度を改善し、関連公文書を開示するとも表明した。

 フランスは1966~96年、ポリネシアのムルロア環礁とファンガタウファ環礁で、計193回の核実験を実施した。周辺の島で白血病や甲状腺がんを発症した例が多いとされる。

 2017年の大統領就任後、マクロン氏のポリネシア訪問は初めて。

国際の最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 26℃
  • 20℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ