生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は31日、自社開発の小型ロケット「MOMO(モモ)」6号機を町内の発射場から打ち上げた。同社によると、高度約92kmまで飛び、宇宙空間に達した。宇宙到達は3日の7号機に続き3度目の成功。量産化や物資運搬事業の実現を目指す。

 6号機は全長約10m、直径50cm、重さ約1トン。7号機より先に製造に着手していたが、スポンサー企業の意向などで打ち上げを先送りしていた。

 機内に搭載したスポンサーのキャラクター人形などを宇宙到達後に放出して海上で回収する計画。

科学・環境の最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ