スポーツ

  • 印刷
 準決勝のスペイン戦に向け、調整する酒井(右)=千葉市内
拡大
 準決勝のスペイン戦に向け、調整する酒井(右)=千葉市内

 サッカー男子で4強入りした日本はニュージーランドとの準々決勝から一夜明けた1日、千葉市内で練習し、警告累積で出場停止だった酒井(浦和)や出場時間の短かった三好(アントワープ)らがパス回しやシュート練習に取り組んだ。初の決勝進出を懸け、3日午後8時キックオフの準決勝(埼玉スタジアム)でスペインと対戦する。

 過去の唯一のメダルは1968年メキシコ五輪の「銅」。2012年ロンドン五輪の4位を経験している酒井は「一番上しか見ていない。初めての景色を見たい」と金メダル獲得へ意気込んだ。

 久保建(レアル・マドリード)ら主力は室内調整やウオーキングにとどめた。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月20日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ