社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 東京都内の首都高速道路で1日夕、東京五輪のボランティアの50代男性が運転する大会関係車両が車2台に衝突し、そのまま走り去った事故で、車両が衝突直前に外壁に接触していたことが2日、警視庁への取材で分かった。警視庁が道交法違反(事故不申告)の疑いで捜査している。

 警視庁によると、車両は外壁と接触後、前方のトラックと軽ワゴン車に相次いで追突した。外壁には複数箇所にぶつかった痕跡があり、追突事故を起こした後にも接触したとみられる。

 ボランティア男性は大会関係者1人を都内から千葉県内に送る途中だった。

社会の最新
もっと見る
 

天気(9月28日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ