経済 経済 新商品

  • 印刷
 ニューヨーク証券取引所=3月(AP=共同)
拡大
 ニューヨーク証券取引所=3月(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】週明け2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前週末比97・31ドル安の3万4838・16ドルで取引を終えた。新型コロナウイルス変異株による感染再拡大への懸念から、米景気先行きへの警戒感が広がり、売りが優勢となった。

 米長期金利が低下し、景気に敏感とされる銘柄を中心に売られた。午前に発表された米景気関連指標が市場予想を下回ったことも、投資家心理を冷やした。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は反発し、8・39ポイント高の1万4681・07。

 個別銘柄では、クレジットカードのビザや化学のダウの下落が目立った。

経済の最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ