スポーツ

  • 印刷
 記者会見を終え、記念撮影に応じる体操男子の橋本大輝=4日午前、東京都内(代表撮影)
拡大
 記者会見を終え、記念撮影に応じる体操男子の橋本大輝=4日午前、東京都内(代表撮影)

 東京五輪の体操男子団体総合で銀メダルを獲得した4人が4日、東京都内で記者会見し、個人総合と種目別鉄棒で2冠も達成した19歳の橋本大輝(順大)は「初出場だったけど、五輪の舞台を楽しんで演技できていた。団体総合で金メダルを取りたかったけど、その悔しさを成長に変え、3年後は団体金メダルを取りたい」と2024年パリ五輪を見据えた。

 橋本は冬場に高難度の技を次々と習得し、日本のエースに成長した。新型コロナウイルス禍で五輪が延期となったことで「1年前に東京五輪をやっていたら代表にはなれなかったかもしれない。この1年で金メダルを取るための練習ができた」と実感を込めた。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月28日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ