総合 総合 詳報

  • 印刷
 男子400メートル(車いすT52)決勝でゴールする上与那原寛和。銅メダルを獲得した=国立競技場
拡大
 男子400メートル(車いすT52)決勝でゴールする上与那原寛和。銅メダルを獲得した=国立競技場
 男子400メートル(車いすT52)で金メダルを獲得し、ガッツポーズする佐藤友祈。右奥は2位となった米国のレイモンド・マーティン=国立競技場
拡大
 男子400メートル(車いすT52)で金メダルを獲得し、ガッツポーズする佐藤友祈。右奥は2位となった米国のレイモンド・マーティン=国立競技場

 陸上男子400メートル(車いすT52)決勝で佐藤友祈が55秒39の大会新記録で金メダルを獲得した。上与那原寛和は59秒95で銅メダル。同100メートル(上肢障害T47)決勝で石田駆は11秒05の5位。

 男子5000メートル(視覚障害T11)では唐沢剣也が15分18秒12で銀メダル、和田伸也が15分21秒03で銅メダルを獲得。女子走り幅跳び(視覚障害T11)で高田千明は5位。

 男子5000メートル(車いすT54)予選で樋口政幸は1組5着で決勝進出。久保恒造は2組7着で落選。女子400メートル(上肢障害T47)の辻沙絵は予選2組3着で決勝へ進んだ。

 佐藤友祈の話 リオ大会でマーティン選手に敗れ、東京でのリベンジ、そして世界記録も一緒に、と(思って)やってきた。世界記録には少し足りず、それでもパラリンピックレコードは大きく更新することができた。パリ大会で世界記録更新と金メダル獲得を達成したい。僕は後半から伸びてくる選手。マーティン選手がインレーンにいる重圧はあったが、最後は差すことができた。

総合の最新
もっと見る
 

天気(9月29日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 20℃
  • 20%

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ