社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 鎮魂塚の前で祈りをささげる織田茂和さん(中央)と明智憲三郎さん(右)=12日午前、大津市の比叡山延暦寺
拡大
 鎮魂塚の前で祈りをささげる織田茂和さん(中央)と明智憲三郎さん(右)=12日午前、大津市の比叡山延暦寺
 鎮魂塚の前で祈りをささげる織田茂和さん(右端)と明智憲三郎さん(その左)=12日午前、大津市の比叡山延暦寺
拡大
 鎮魂塚の前で祈りをささげる織田茂和さん(右端)と明智憲三郎さん(その左)=12日午前、大津市の比叡山延暦寺

 織田信長や明智光秀による元亀2(1571)年の「比叡山焼き打ち」から今年で450年の節目となるのに合わせ、天台宗総本山比叡山延暦寺(大津市)は12日、信長と光秀の子孫を招いて犠牲者の慰霊法要を営んだ。焼き打ちの悲劇や本能寺の変(1582年)で光秀が主君信長を討った歴史を乗り越え、両家と延暦寺の代表が特別対談し握手を交わした。

 阿弥陀堂での法要ではそれぞれの子孫でジュエリー会社勤務の織田茂和さん(43)と、歴史学者の明智憲三郎さん(74)らが参列し手を合わせた。境内にある鎮魂塚の前でも祈りをささげた。

 動画投稿サイト「ユーチューブ」で視聴できる。

社会の最新
もっと見る
 

天気(10月26日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 10%

  • 20℃
  • 11℃
  • 30%

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 22℃
  • 13℃
  • 50%

お知らせ