総合 総合 詳報

  • 印刷

 北朝鮮は15日午後0時32分と同37分に、日本海に向けて弾道ミサイル2発を発射した。日本政府が発表した。岸信夫防衛相は同日夜、いずれも日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したとの推定結果を明らかにした。日本のEEZへの落下は2019年10月以来。変則軌道で約750キロ飛行し、最高高度は約50キロだったとみられるという。航空機や船舶への被害はなかった。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射は3月25日以来で半年ぶり。北朝鮮は8月の米韓合同軍事演習に強く反発し、対抗措置を警告していた。軍事力を誇示して米韓をけん制する狙いがありそうだ。

総合の最新
もっと見る
 

天気(10月26日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 10%

  • 20℃
  • 11℃
  • 30%

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 22℃
  • 13℃
  • 50%

お知らせ