社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 千葉県市川市が市長室内にシャワールームを設置した問題で、市は16日、新型コロナウイルス感染者が一時的に待機する施設に移設したと明らかにした。市議会は2度にわたって撤去の要請などを決議していたが、村越祐民市長は「災害時に女性職員に活用してもらう」として撤去を見送っていた。市は「今必要とされている場所に移した」と説明している。

 市によると、シャワールームは昨年10月に工事費約360万円かけ、市長室のトイレ内に設置された。市議会は3月と6月、庁舎には既にシャワールームが3室あり「(市長室になくても)災害に十分対応できる」などとして、撤去の要請などを決議した。

社会の最新
もっと見る
 

天気(10月29日)

  • 20℃
  • 13℃
  • 10%

  • 18℃
  • 12℃
  • 20%

  • 21℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ