社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 北海道旭川市で3月、中学2年の広瀬爽彩さん(14)が凍死体で見つかり、背景にいじめがあったとされる問題で、母親がネットで虚偽の事実を書き込まれ中傷を受けたとして、プロバイダーのソフトバンクとワークアップに投稿者の情報開示を求めて旭川地裁に提訴し、16日、第1回口頭弁論が開かれた。

 2社とも請求棄却を求めた。ワークアップについては即日結審し、判決は10月18日。ソフトバンクは審理継続となった。

 訴状などによると、4月下旬、2社を経由し、ツイッターで匿名の同一の投稿者から「家庭環境に問題がある」といった書き込みが2件あり、名誉が傷つけられたとしている。

社会の最新
もっと見る
 

天気(10月29日)

  • 20℃
  • 13℃
  • 10%

  • 18℃
  • 12℃
  • 20%

  • 21℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ