国際

  • 印刷
 16日、米国務省で記者会見するブリンケン国務長官(右)=ワシントン(ロイター=共同)
拡大
 16日、米国務省で記者会見するブリンケン国務長官(右)=ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米国とオーストラリアの外務・防衛閣僚協議(2プラス2)が16日、米首都ワシントンの国務省で開かれ、オーストラリアからの輸入に制限措置を課し、強権的な圧力をかける中国に共同して対抗する方針で一致した。ブリンケン米国務長官は共同記者会見で「中国による経済的な威圧に対する深刻な懸念」を表明した。両軍は共同作戦能力の大幅な向上も目指す。

 米政権は日本やインドを含む4カ国の「クアッド」と、英国を含む3カ国の「オーカス」のいずれでもメンバー国のオーストラリアと安全保障協力を推進。米英は、オーストラリアへの原子力潜水艦配備に協力の方針も発表している。

国際の最新
もっと見る
 

天気(10月28日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ