生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 報道陣に公開された南海電鉄加太線の新車両「めでたいでんしゃ かしら」=17日午前、和歌山市
拡大
 報道陣に公開された南海電鉄加太線の新車両「めでたいでんしゃ かしら」=17日午前、和歌山市

 南海電鉄は17日、和歌山市の加太線で運行する観光電車「めでたいでんしゃ」の新車両の報道陣向け試乗会を開いた。車体は「冒険船」をイメージ。車内には、人気ロックバンド「ラルク・アン・シエル」メンバーで同市出身のHYDE(ハイド)さんのシルエットやロゴマークも施した。18日から同線の和歌山市-加太間で運行する。

 南海電鉄は、和歌山県の特産品のタイや海をモチーフに「めでたいでんしゃ」として2016年以降、「さち」と「かい」、「なな」を順次導入した。新車両は黒色の「かしら」で、長い冒険から帰ってきたという設定。内装には「お宝」や音楽にまつわるアイテムをちりばめた。

生活の最新
もっと見る
 

天気(10月16日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ