スポーツ

  • 印刷

 東京六大学野球秋季リーグは19日、神宮球場で開幕して1回戦が行われ、春秋連覇が懸かる慶大が東大に15-1で大勝し、立大は早大を4-0で下した。

 慶大は福井が3安打、3打点をマークするなど計16安打。立大は池田陽が6回を3安打に抑えた。春季リーグ同様に2回戦総当たりで勝ち1、引き分け0・5、負け0のポイント制を採用し、合計で順位を決める。

 11日に開幕予定だったが、法大で新型コロナウイルス感染者が出た影響で日程を変更。18日は台風接近の影響で中止になった。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(10月26日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 10%

  • 20℃
  • 11℃
  • 30%

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 22℃
  • 13℃
  • 50%

お知らせ