スポーツ

  • 印刷
 エリートクラスで優勝した男子の中村輪夢(右)と女子の内藤寧々=岡山市
拡大
 エリートクラスで優勝した男子の中村輪夢(右)と女子の内藤寧々=岡山市
 男子エリートクラスで優勝した中村輪夢=岡山市
拡大
 男子エリートクラスで優勝した中村輪夢=岡山市

 東京五輪で初採用された自転車BMXフリースタイル・パークの全日本選手権決勝が19日、岡山市の旧内山下小学校内の特設会場で行われ、男子エリートクラスは五輪代表の中村輪夢(ウイングアーク1st)が91・00点で3年連続4度目の優勝を果たした。15歳の溝垣丈司(神奈川・湘南工大付高)が82・33点で2位に入り、高木聖雄(JFBF)が77・00点で3位だった。

 女子エリートクラスは15歳の内藤寧々(第一学院高)が60・00点で初優勝。五輪代表の大池水杜(ビザビ)は58・67点の2位で5連覇を逃した。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(10月26日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 10%

  • 20℃
  • 11℃
  • 30%

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 22℃
  • 13℃
  • 50%

お知らせ