社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 【パリ共同】フランス東部ブザンソンに留学していた筑波大生黒崎愛海さんが2016年に行方不明になった事件で、フランス検察当局は20日、殺人罪で起訴された元交際相手のチリ人ニコラス・セペダ被告(30)に対する公判が来年3月末からブザンソンの裁判所で開かれると明らかにした。フランスのメディアが伝えた。

 被告は陪審制の重罪院で裁かれ、3月28日に陪審員を選定。翌29日から審理を開始し、数週間続く見通し。

社会の最新
もっと見る
 

天気(10月28日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ