社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 茨城県常陸太田市の住宅に侵入し、根本昇さん=当時(89)=と次男の邦雄さん(60)を殺傷したとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた、邦雄さんが経営する会社の元従業員関根幸司被告(49)の裁判員裁判で、水戸地裁は21日、懲役24年(求刑懲役25年)の判決を言い渡した。

 判決理由で小川賢司裁判長は「新型のパソコンを購入する金欲しさに盗みに入り、その口封じのために殺害した」と指摘。「自己中心的で、厳しい非難を免れない」と述べた。

 判決によると、2020年10月27日、根本さん宅で根本さんの頭部をパイプレンチで殴った上、包丁で胸を突き刺し殺害するなどした。

社会の最新
もっと見る
 

天気(10月25日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 70%

  • 16℃
  • ---℃
  • 80%

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ