国際

  • 印刷
 21日、カナダ・モントリオールで支持者らに手を振るトルドー首相(左から2人目)(ロイター=共同)
拡大
 21日、カナダ・モントリオールで支持者らに手を振るトルドー首相(左から2人目)(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】20日投開票のカナダ総選挙で中道左派の与党自由党が勝利し、3期目続投となるトルドー首相(49)が21日未明、支持者を前に勝利宣言した。「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を乗り越える使命を果たす」と決意を表明。コロナ対応が国民の信任を得たとして、ワクチン義務化などを進める。

 ただトルドー氏が狙った単独過半数議席の獲得は実現しなかった。引き続き少数与党となり、立場が近い左派の新民主党などの支援を得て政策を実行するとみられる。

 自由党は公約で、飛行機や列車などの利用者や連邦政府職員らの接種義務化などを表明していた。

国際の最新
もっと見る
 

天気(10月16日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ