スポーツ

  • 印刷
 WBCライトフライ級王座獲得から一夜明けてオンライン記者会見に応じる新王者の矢吹正道(左)と松尾敏郎会長=23日、名古屋市(緑ジム提供)
拡大
 WBCライトフライ級王座獲得から一夜明けてオンライン記者会見に応じる新王者の矢吹正道(左)と松尾敏郎会長=23日、名古屋市(緑ジム提供)

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級で新王者となった29歳の矢吹正道(緑)が、王座獲得の試合から一夜明けた23日、オンラインで記者会見し「今はやり切った感があるので、ゆっくりしたい」と素直な思いを語った。

 9度目の防衛を狙った寺地拳四朗(BMB)に10回TKO勝ち。中盤以降の壮絶な打ち合いで両目を腫らしたため、会見にはサングラスをかけて臨んだ。今後については「何も考えていない」と話した。タイトル戦後に言及した現役引退の可能性も含め白紙だという。

 3人目の世界王者輩出となった緑ジムの松尾敏郎会長は「すごい試合をしてくれて感動した」とねぎらった。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(10月28日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 10%

  • 21℃
  • 9℃
  • 20%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

  • 23℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ