スポーツ

  • 印刷
 第2日、18番でティーショットの行方を見つめる永野竜太郎。通算11アンダーで単独首位=城陽CC
拡大
 第2日、18番でティーショットの行方を見つめる永野竜太郎。通算11アンダーで単独首位=城陽CC

 パナソニック・オープン第2日(24日・京都府城陽CC=6967ヤード、パー72)13位から出たツアー未勝利の33歳、永野竜太郎がボギーなしの7バーディー、65で回って通算11アンダー、133で単独首位に立った。

 1打差の2位は前日トップの木下稜介や小林伸太郎、大岩龍一の3人。アマチュアの中島啓太(日体大)は8位、河本力(日体大)は23位。通算1アンダーまでの71人が決勝ラウンドへ進んだ。(出場119選手=アマ4、曇り、気温25・9度、北西の風3・4メートル、無観客)

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • 13℃
  • 20%

  • 16℃
  • 12℃
  • 90%

  • 20℃
  • 14℃
  • 20%

  • 18℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ