社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 2017年に福岡県春日市の小児歯科医院で虫歯治療の局所麻酔を受け、容体が急変した女児=当時(2)=への救命措置を怠り死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた元院長の高田貴被告(56)は27日、福岡地裁の初公判で「刑事責任はないと考えている」と述べ無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で、女児の両親が娘の様子がおかしいと複数回訴えたにもかかわらず、元院長は「疲れて眠くなっているだけ」と説明し、容体の確認を怠ったと指摘した。

 弁護側は、投与された局所麻酔は死亡に至る中毒を引き起こす量ではなかったと述べた。

社会の最新
もっと見る
 

天気(10月26日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 10%

  • 20℃
  • 11℃
  • 30%

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 22℃
  • 13℃
  • 50%

お知らせ