経済 経済 新商品

  • 印刷
 カジノを含む統合型リゾート施設のイメージ(MGMリゾーツ・インターナショナル、オリックス提供)
拡大
 カジノを含む統合型リゾート施設のイメージ(MGMリゾーツ・インターナショナル、オリックス提供)

 大阪府の吉村洋文知事は28日、誘致を進めるカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の運営事業者として、公募に唯一応募していた米カジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの共同事業体を決定したと発表した。初期投資額は約1兆800億円で、2020年代後半の開業を目指す。吉村氏は「世界最高水準の成長型IRにする」と意気込みを語った。

 開発コンセプトは「結びの水都」で、「水都大阪」の伝統や文化を継承しながら観光先進国化に貢献するとしている。関西地域の観光を推進する施設やVIP向け最高級ホテルも整備。国内外から約2050万人の年間来場者を想定している。

経済の最新
もっと見る
 

天気(10月18日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ