経済 経済 新商品

  • 印刷

 【大連共同】ロイター通信は14日、経営危機に陥っている中国不動産大手の中国恒大集団が、吉林省長春市から入札で入手した開発用地の代金の一部を支払っていないと報じた。米ドル建て社債の利払い遅延を繰り返すなど資金繰りに難航している。

 ロイターによると、恒大は6月に地元不動産会社を通じて土地を6億100万元(約106億円)で取得した。地元当局はロイターに、手付金約1億2千万元は納付されたが、その後定められた期限内に支払う必要があった取得額の半分相当のうち、一部しか払われなかったと明かした。約1億8千万元の支払いが遅延している計算になるという。

経済の最新
もっと見る
 

天気(12月10日)

  • 16℃
  • 9℃
  • 10%

  • 16℃
  • 5℃
  • 0%

  • 16℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ