国際

  • 印刷

 【ヤンゴン、バンコク共同】ミャンマーで、クーデターで全権を掌握した国軍の統制下にある外務省は14日に声明を出し、東南アジア諸国連合(ASEAN)の特使派遣が実現しないのは国内法で認められていない「特定個人」との面会にこだわったことが障害となったためだと主張した。軟禁中のアウン・サン・スー・チー氏らが念頭にあるとみられる。

 ASEANは15日、ミャンマー情勢を巡り、オンラインによる緊急外相会議を開く。特使派遣や市民への暴力停止が進まないことから、今月下旬の首脳会議に国軍のミン・アウン・フライン総司令官を招待しない案も浮上している。

 声明によると、特使に選出されたブルネイのエルワン第2外相は11~14日にミャンマーを訪れることで調整が進んでいた。ミャンマー外務省は特使を歓迎するとしながらも「いくつかの要望は法律により認められていない」と指摘。さらに「政治的動機に基づく圧力をかけないよう望む」とけん制した。

 国軍報道官は14日、米政府系のラジオ自由アジア(RFA)で、スー・チー氏らとの面会は認めないとの方針を示した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(12月2日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ