生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 燃えにくい素材のシーツと毛布を掛けた段ボールベッド=7月、北海道北見市(避難所・避難生活学会提供)
拡大
 燃えにくい素材のシーツと毛布を掛けた段ボールベッド=7月、北海道北見市(避難所・避難生活学会提供)

 段ボールベッドを難燃性素材のシーツと組み合わせて使うと、寝具に火が付いてもベッド本体へ燃え広がりにくくなることが、日本防炎協会などの実験で確かめられた。災害時の避難所などで段ボールベッドの利用が広がる中、暖房器具からの引火などによる火災の予防につながると期待される。

 実験は同協会と避難所・避難生活学会、難燃材料研究会の3団体が実施。難燃性の素材でできたシーツや毛布を重ねたベッドの模型と、一般的なものを重ねた模型を用意し、毛布などの上に着火して燃え方を比べた。

 難燃素材の場合は約2分後に火が自然に消えたが、一般素材では段ボールベッドに燃え広がった。

生活の最新
もっと見る
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ