スポーツ

  • 印刷
 東京五輪の柔道男子60キロ級で金メダルを獲得し、栃木県の福田富一知事(左)から県民栄誉賞を授与された高藤直寿選手=16日午前、宇都宮市
拡大
 東京五輪の柔道男子60キロ級で金メダルを獲得し、栃木県の福田富一知事(左)から県民栄誉賞を授与された高藤直寿選手=16日午前、宇都宮市

 東京五輪の柔道男子60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿選手(28)に栃木県が16日、県民栄誉賞を贈った。下野市出身で、今大会で日本勢初となる金メダルに輝き、日本の躍進に弾みをつけた。

 福田富一知事も参加した授与式で、高藤選手は「東京五輪は新型コロナウイルス禍で開催されたが、たくさんの応援のおかげで苦しい状況でも踏ん張って勝つことができた」とあいさつ。「パリ(五輪)に向けて頑張っていくので、2連覇を期待しておいてください」と付け加えた。

 福田知事は「県民に明るい希望を与え、元気な栃木づくりを推進する大きな力となった」とたたえた。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(12月4日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 20%

  • 10℃
  • 3℃
  • 50%

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

  • 12℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ