スポーツ

  • 印刷

 東京六大学野球リーグ第5週第1日は16日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、慶大が首位の立大に8-5で勝ち、3勝2分けのポイント4とした。立大は5勝2敗で同5。早大は3-5の九回に5点を奪って8-5で明大に逆転勝ちし、3勝2敗2分けのポイント4。明大は同3のまま。

 慶大は2-4の六回に3点を奪って逆転。七回にはプロ野球ドラフト会議でソフトバンクから2位指名を受けた4番正木の安打を起点に、さらに3点を挙げて突き放した。早大は4番今井が2本塁打を含む4安打5打点。4-5と迫った九回に2点二塁打を放った。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(12月4日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 20%

  • 10℃
  • 3℃
  • 50%

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

  • 12℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ