経済 経済 新商品

  • 印刷

 日本チェーンストア協会が21日発表した9月の全国スーパー売上高は、既存店ベースで前年同月比3・2%増となり、2カ月ぶりに前年実績を上回った。新型コロナウイルス流行による巣ごもり需要で、全体の7割以上を占める食料品が4・8%増と好調だった。

 在宅勤務の広がりなどを受けて、揚げ物や弁当などの総菜が11・1%増と伸びた。天候不順のため一部の野菜価格が高騰した農産品は4・4%増、水産品が4・3%増となった。紙類や玩具などの日用雑貨品も堅調だった。

 一方、衣料品は14・2%減となった。9月後半に気温が下がったことで夏物衣料のセールは不調だった。

経済の最新
もっと見る
 

天気(12月4日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ