総合 総合 詳報

  • 印刷
 久保木愛弓被告
拡大
 久保木愛弓被告

 横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院・休診中)で2016年、入院患者3人の点滴に消毒液を入れて中毒死させたとして、殺人罪などに問われた元看護師久保木愛弓被告(34)の裁判員裁判が22日、横浜地裁(家令和典裁判長)であり、検察側は死刑を求刑した。弁護側が最終弁論をして、結審する。

 検察側は論告で、被告は自閉スペクトラム症の特性があるものの、意思決定や事件の実行に影響はなく、完全責任能力があったと指摘。「(患者の)家族への対応をしなくてすむよう、自分の勤務時間外に死亡するようにした」との動機は「自己の都合のみを考えており身勝手だ」と非難した。

総合の最新
もっと見る
 

天気(12月2日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 50%

  • 12℃
  • 6℃
  • 20%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ