経済 経済 新商品

  • 印刷
 FRBのパウエル議長(ロイター=共同)
拡大
 FRBのパウエル議長(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は22日、米経済の懸案となっている物価高や供給制約が「従来予想よりも長く、来年にかけて続く可能性が高い」との見方を示した。インフレ圧力の長期化に対する警戒感をこれまで以上に示した。

 ただ、いずれは和らぐとして「(政策)金利を引き上げる時ではない」と早期の利上げを否定した。オンライン形式の討論会で述べた。

 パウエル氏は物価上昇の要因となっている部品などの供給制約が「さらに悪化した」と指摘。「インフレ率が持続的に上昇する深刻なリスク」が見られた場合は、金融政策で適切に対応すると説明した。

経済の最新
もっと見る
 

天気(12月2日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 40%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ