国際

  • 印刷
 宮崎淳さんの胸像の前に立つ鈴木量博駐トルコ大使(右端)ら=23日、トルコ東部ワン(共同)
拡大
 宮崎淳さんの胸像の前に立つ鈴木量博駐トルコ大使(右端)ら=23日、トルコ東部ワン(共同)

 【ワン共同】600人以上が犠牲となった2011年のトルコ東部ワンの大地震から23日で10年。現地では日本から支援に駆け付け、犠牲となった東京のNPO法人「難民を助ける会」職員、宮崎淳さん=当時(41)、大分市出身=の功績を語り継ぐ公園が全面完成し、記念式典が開かれた。出席者は宮崎さんに感謝と追悼の言葉を述べた。

 ワン中心部に近接するエドレミットにできたのは「ミヤザキ森林公園」。昨年までに胸像や鳥居型のゲートが完成し、整備が進んだ。

 ワンは11年10月23日と11月9日に大きな地震に見舞われた。宮崎さんは2回目の地震で滞在先のホテルが崩壊し、死亡した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 20%

  • 14℃
  • 2℃
  • 10%

  • 13℃
  • 7℃
  • 50%

  • 13℃
  • 6℃
  • 60%

お知らせ