スポーツ

  • 印刷

 ダウン症の選手を対象とした陸上の全国大会が24日、宮崎市のひなた陸上競技場で行われた。全国規模の大会は他競技を含めて初の試み。日本知的障がい者陸上競技連盟の奥松美恵子理事長は「パラリンピックのレガシー(遺産)の一つとして進めてきた。共生社会になり、こうした大会が特別ではなく、当たり前になっていけば」と意義を強調した。

 今大会は健常者のマスターズ大会との同時開催で、小学生から30代までダウン症の選手約30人が各地から参加。高校生男子の部で100メートルに出場した杉原優斗さんは「100点だった」と充実した表情で話した。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ