社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 現場に残されていた凶器と同型の果物ナイフ(広島県警提供)
拡大
 現場に残されていた凶器と同型の果物ナイフ(広島県警提供)

 広島県福山市の住宅で2001年に起きた主婦刺殺事件で、現場に残されていた凶器の果物ナイフは、県警が25日に殺人容疑で逮捕した同市の無職竹森幸三容疑者(67)が持参したとみられることが26日、捜査関係者への取材で分かった。遺族が「家にはなかったもの」と話しているという。県警は前日に続き、この日も竹森容疑者の自宅を家宅捜索した。

 事件で亡くなったのは大石朝美さん=当時(35)。遺族は竹森容疑者とは面識がないと話しており、県警が詳しい経緯や動機を調べている。

 ナイフは刃渡り約10センチ。県警はナイフを準備していた可能性があることから、計画性の有無を調べる。

社会の最新
もっと見る
 

天気(12月4日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ