社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 千葉県八千代市で昨年、猫を空気銃で撃って殺傷したとして、動物愛護法違反と銃刀法違反の罪に問われた、千葉市若葉区の平田雄一郎被告(49)は26日、千葉地裁(岡部豪裁判長)の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は懲役1年6月を求刑、弁護側は執行猶予付き判決を求め即日結審した。判決は11月8日。

 検察側は証拠調べで、被告が猫の虐待や不審死に関するウェブサイトを閲覧していたことや、車や自宅から捕獲器などが押収されたことを明らかにした。また、空気銃で使われた弾が「人の生命にも危険を及ぼしうるものだった」との鑑定結果を示した。

社会の最新
もっと見る
 

天気(12月4日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ