社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 国税当局は大手企業などに対し、税務上のコーポレートガバナンス(企業統治)が行き届いているかどうか「良好」「おおむね良好」「改善が必要」の3段階で評価し、経営責任者に伝える取り組みを7月から始めている。評価に基づき、重点的に税務調査する企業を精査する。専門家は判断基準の透明化を求める。

 国税当局によると、原則として資本金がおおむね40億円以上の約500社が対象。税務調査に着手後、経営責任者の指導状況などを確認するシートを記載するよう依頼する。調査内容と合わせて評価し、評価ごとの企業数をホームページで示す。企業側は結果を公表できる。

社会の最新
もっと見る
 

天気(12月4日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ