社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 広島県警察本部
拡大
 広島県警察本部

 2001年に広島県福山市の住宅で当時35歳の主婦が刺殺された事件で、広島県警が25日に殺人容疑で逮捕した同市の無職竹森幸三容疑者(67)のDNA型が、現場の血痕から検出された型と一致していたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、竹森容疑者は今月上旬まで捜査線上に浮かんでいなかったが、捜査過程で竹森容疑者のDNA型を採取。事件発生から20年後の容疑者逮捕の決め手になったとみられる。

 竹森容疑者の自宅の大家(86)によると、竹森容疑者は事件発生の約2年後、現場から南東に約5キロの住宅に越してきて逮捕前まで暮らしていた。

社会の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ