社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 愛知県知事のリコール(解職請求)運動を巡る署名偽造事件で、地方自治法違反の罪に問われた広告関連会社元社長山口彬被告(38)は26日、名古屋地裁で開かれた公判で、元県議で運動事務局長の田中孝博被告(60)=同法違反罪で公判中=が「新型コロナウイルスの影響で集まることができない(自分の)後援会員の署名を代筆してほしい」と言って偽造のための人集めを依頼してきたと述べた。

 山口被告は、田中被告に代筆の違法性について確認したと強調。その上で「(田中被告から)代筆の同意は取れているので大丈夫と言われ、うのみにしてしまった」と話した。

社会の最新
もっと見る
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 40%

  • 14℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ