国際

  • 印刷

 【ワシントン共同】米国防総省のカービー報道官は25日の記者会見で、北朝鮮が現地時間19日に発射した弾道ミサイルは1発だったとの認識を明らかにした。韓国軍は北朝鮮が日本海に向けて潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられる1発を発射したとする一方、日本の防衛省は2発だったと発表し、食い違っていた。

 北朝鮮は、変則軌道で飛行する新型のSLBM発射実験に成功したとしており、カービー氏は「深刻な懸念」を抱いていると表明。「中国は北朝鮮に影響力を持っている。われわれが朝鮮半島の非核化を達成する上で、その影響力は重要だ」と述べて中国に協力を促した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(12月8日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 40%

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ