社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 千葉県柏市は26日、飼い猫の世話をするため、昼休みに公用車を私的に使って自宅に戻っていたとして、配水課の男性主任(57)を戒告の懲戒処分とした。うち3回は昼休みの開始前に職場を離れていたという。

 市によると、主任は6月中旬から7月末にかけて計10回、私的に公用車を使用。市の調査に「夏は暑くて猫がぐったりしてしまう。昨年はエアコンをつけていたが、今年は一時帰宅し世話をしていた」と説明。普段は徒歩通勤で、職場と自宅を短時間で行き来するために車を使ったといい、「気の緩みがあった」と反省しているという。

 自宅前の有料駐車場に無断駐車し、市への苦情から発覚した。

社会の最新
もっと見る
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 40%

  • 14℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ