国際

  • 印刷
 25日、スーダン・ハルツームで、軍のクーデターに抗議する人たち(AP=共同)
拡大
 25日、スーダン・ハルツームで、軍のクーデターに抗議する人たち(AP=共同)

 【カイロ共同】軍がクーデターを起こしたスーダンの最高実力者ブルハン元統治評議会議長は26日、首都ハルツームの軍施設で記者会見し「国が内戦に向かう恐れがあった」と強調、政情安定のために軍の行動が必要だったと改めて正当化した。国際社会からの非難に対しては「軍事クーデターは起こしていない。(民政)移管への道を正したかった」と主張した。

 一方、スーダン情報省は26日、軍部隊が拘束していたハムドク首相が同日、解放されて自宅に戻ったと明らかにした。

 スーダンでは2019年に約30年続いたバシル政権が崩壊後、民政移管に向け軍と文民の共同統治を行っていた。

国際の最新
もっと見る
 

天気(12月8日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 40%

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ