国際

  • 印刷

 【ワシントン共同】プライス米国務省報道官は26日の記者会見で、イスラエルが占領するヨルダン川西岸で新たにユダヤ人入植活動を計画しているとして「深く懸念している」と述べ、強く反対する意向を表明した。

 バイデン政権は国際社会が非難する入植活動について、事実上容認したトランプ前政権の方針を転換し、批判的な立場を取っている。

 ロイター通信によると、イスラエル政府は24日、1300軒以上のユダヤ人住宅をヨルダン川西岸に建設する計画を公表した。これに加え3千軒を建設する計画も検討しているとされる。

国際の最新
もっと見る
 

天気(12月8日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 40%

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ