社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 左からカルロス・ゴーン被告(ロイター=共同)、グレゴリー・ケリー被告
拡大
 左からカルロス・ゴーン被告(ロイター=共同)、グレゴリー・ケリー被告

 元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(67)の役員報酬を過少に記載したとして、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪に問われた元代表取締役グレゴリー・ケリー被告(65)と法人としての日産の最終弁論が27日、東京地裁で開かれ、ケリー被告の弁護側は改めて無罪を主張した。

 日産側は起訴内容を認めた上で「(元会長の)私利私欲を実現するためだけに行われた犯行で、日産への非難の程度は相対的に低い」と訴えた。公判はこの日で結審する。

 最大の争点は、ゴーン元会長に支払い済みの報酬以外に、報告書に記載すべき確定した未払いの報酬があったかどうか。

社会の最新
もっと見る
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 40%

  • 14℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ